オススメしたい『VRゴーグル』をまとめてみた

これからVRのゴーグルやヘッドセットを購入しようと考えている人の参考になればと思ってこの記事を書いた

ゲームや動画などのVRコンテンツも増えてきて、ホラーなどは小便を漏らすレベルだ

ちょっとエッチなものも楽しみたいと思っている人も大歓迎

製品紹介

スマホ用VRゴーグル

最初に購入を検討するであろうスマートフォンのゴーグル
意外と安価だが、画質はかなり良い
日本人の大半はiPhoneだと思うが、iPhoneのディスプレイはそこら辺のパソコンのディスプレイより遥かに高性能だ

Retinaを搭載しているため非常に性能が高い
そういったディスプレイを利用するので画質に関しては高額なVRゴーグルにひけをとらない

iPhoneに装着するタイプのゴーグルは正直どれでも画質は一緒だと考えていい

そうなると、装着感が良いものが選択肢に入る
長時間つける可能性があるからだ

アダルト作品を見る人であれば、10分で果てる人もいるが・・・(俺)

 

そのうえで、ゴーグルで焦点を調節できる必要がある
人間の焦点深度は人によって違いがある

目の間の距離も調節できるといい
右目と左目の間だ

・装着感
・焦点距離の調節
・目の距離の調節

ここら辺を踏まえて
とにかく、Amazonを見て欲しい
2000円~3000円程度で購入できるはずだ

安すぎるのもあれだが
画質はさほど変わらないので、高額なものはいらない
 

購入するなら、有名なメーカーのものがいいが
あまり力を入れている会社は日本にはないかもしれない

エレコムがDMMとのコラボレーションモデルを発売している

 

 

ソニー Xperia View

スマートフォンがソニーのXperiaなら
専用ゴーグルの選択肢がある
それがこのXperia View
世界を代表するSONYがかなり気合いを入れて作っているので、非常に高性能だ

最上位クラスのXperiaなら画質に関しては世界最高レベルだ

 

 

Meta Quest 2

「Oculus Quest2」といったほうが馴染み深いかもしれない
このQuest2が一番のオススメだ

男性の方はFANZA(DMM)等のサービスを利用する可能性が高い

FANZA(DMM)のサービスを利用する場合Oculusシリーズの利便性は非常に高い
個人的には、FANZA関連ではOculusシリーズ以外を使う気にならない
電源をつけすぐにFANZAへアクセスできる

独立型のスタンドアローンタイプで
無線、コードなしで使用できる

リアルワールド(現実世界)が嫌になって、仮想現実で生きていく覚悟ができたらこっちに来てほしい

価格に関しては、2022年8月から値上がりしてしまった
スペックに対しての価格設定が異常に低かった

使用するに当たってFacebookアカウントが『絶対』必要だった
それゆえに値段を落としていたのではないだろうか

現在、Facebookアカウントは必要なくなった
それと同時に値上げだ
Facebookアカウントなんて個人情報に等しい
情報というのは高い価値があり、広告など、使用できる場面はたくさんある

なるべくなら売りたくない
一番怖いのはFANZAのVRビデオの購入履歴がQuest2を通じてフェイスブックとリンクすることだ

購入履歴を見られたら、社会的に死ぬやつもいると思う
今なら安心して使える

それに加え、スペックに対して適正な値段となったので購入して損はない

 

 

Oculus Go

2018年に出て、世間を驚かせた名機
Oculus Goもスタンドアローンで無線、コードなしで使用できる
こちらもFANZAとの連携が可能で、コントローラーも使いやすい

もう発売停止になっているが

中古で1万か~1万5千くらいで手に入る
1万で極上体験をできるのであれば安いものだ

メルカリやヤフオクでも入手可能だ
ハードオフなどで見かけたこともある

Goの画質はQuest2に比べ劣っていると思われがちだが、実はそうでもない
Quest2ほどではないにせよ、現在のVRゲームやVRビデオでも現役で使えるレベルの高画質だ

 

 

Meta Quest Pro

Quest2の後継機と言われる『Quest Pro

推定価格は1000ドル以上
日本円にして13万~14万

個人的には購入しないし、日本では普及しないだろう
アダルトVRの愛用者であれば、性的な店に行ったほうがいい

iPhoneでも感じるが
物価上昇中の欧米の金銭感覚についていけない

アメリカではラーメンが3000円とからしいので、アメリカ人だと1000ドルのVRゴーグルは5万くらいの感覚なのだろうか

 

 

Pico Neo3 Link

Quest2がクソみたいな値上げをしやがったせいで、突如脚光を浴びた『Pico Neo3 Link
Meta(旧Facebook)の値上げ
経済状況が良くない日本で、普及したとたんに値上げというやり方はネガティブな印象を与えるだろう
その場合はこのPicoシリーズも候補になってくる

今後、VRゴーグルの覇権を狙えるスペック、そして、コストパフォーマンスだ

覚えていても損はないゴーグルだ

 

 

PlayStation VR

PlayStation VR“PlayStation VR WORLDS"同梱版
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥31,182(2022/12/07 23:26時点)

PS4に取り付けるタイプのPlayStation VR
こちらも非常に話題になったので覚えている人も多いはず
こちらもFANZAとの連携が可能
使い勝手もよい

しかし、発売年が2017年なので画質はそれなりだ
購入はしないほうが良いだろう

 

 

PlayStation VR2

ついにPlayStation VR2の詳細が発表された
PS5とリンクし、4Kで有機ELディスプレイ搭載だ
考え得る最高の組み合わせ

購入して大丈夫な製品だ
4Kで有機ELなので、価格は高くなると思う

PlayStation VR2 | PS5で実現する次世代のVRゲームがここに | PlayStation
PlayStation VR2およびPlayStation VR2 Senseコントローラー。PS5で実現する次世代のVRゲームがここに。PS VR2専用タイトル『Horizon Call of the Mountain』もご紹介します。

 

 

まとめ

ここまで読んだ人は恐らく初心者やまだVRを体験したこともない人
そんな人も多いはず

スマートフォン用のゴーグルで体験してみて

おおお!

と思ったら、Oculus Quest2に乗り換えるというのがベストなのではないだろうか

Quest2発売時やリニューアルされた際などは、売り切れて購入できなかった
予約して、ようやく購入できるような状況だった
今なら安定して手に入ると思う

 

 

もちろん、VRの世界にはその先もある

高性能なPCとリンクさせたゴーグルも存在している
10万円以上する高額なゴーグルも発売されている

海外ではもっと最新鋭のVRやAR機器が開発途中
4Kどころか8K、それどころか、16K、32Kという話も出ている

それって本物の世界を超えてしまうんじゃないだろうか

やばすぎるだろ

タイトルとURLをコピーしました